お知らせ

丸亀市低所得世帯等生活支援給付金のご案内

郵送申請にご協力をお願いします。

1.給付金の目的

長引くコロナ禍において、厳しい生活を強いられ、都道府県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金の特例貸付を活用して生活の維持を図ってきた市民に対して生活支援給付金を給付することで、生活の維持・改善を支援することを目的とするものです。

2.給付金を受け取ることができる方

下記のいずれにも該当する方が給付金を受け取ることができます。
①緊急小口資金の特例貸付を借りていること
②令和3年8月1日(基準日)において丸亀市の住民票に記載されており、かつ、令和3年5月1日から継続して丸亀市の住民票に記載されていること(ただし、配偶者等からの暴力を理由に避難しているなどで、市長がやむを得ないと認めた場合を除きます。)
③申請者及び申請者と同一世帯に属する者のいずれもが、生活保護の受給者ではないこと
④申請者及び申請者と同一世帯に属する者のいずれもが、暴力団員でないこと
⑤偽りや不正な手段によって特例貸付の申請を行っていないこと

<注意>
給付金を受け取ることができる方は、緊急小口資金の特例貸付を借り入れていることが必要です。
不承認となった方は対象にはなりません。

3.給付額  緊急小口資金の特例貸付の借入額と同額

4.申請期限  令和4年1月31日(月)当日消印有効

5.申請手続き

(1)緊急小口資金の特例貸付を借入されている方で、給付対象となる可能性がある方に対し、本会から申請書を郵送します。

(2)申請書に以下のものを添えて、郵送にて提出してください。※郵便料金はかかりません。



●緊急小口資金の特例貸付の借用書の写し
又は
●生活福祉資金送金通知書(緊急小口資金)の写し
※申請者名義のもの
※紛失等により借用書や通知書がない場合は、借入金が振り込まれたことがわかる通帳の写しを添付してください。
●振込先の金融機関の通帳の写し ※口座名義人、支店名及び口座番号がわかる部分
※本人以外の口座への振込はできません。

※配偶者等からの暴力を理由に避難している等、丸亀市の住民票に記載がない場合は、写真付き身分証明書の写しが必要です。

6.転入・転出された場合

市外から丸亀市に転入された方

他市区町村で緊急小口資金の特例貸付を借入されている方で、給付対象となる可能性がある方には、詳しくお話をお聞きしたうえで、本会から申請書を郵送します。
0877-22-5705(丸亀市低所得世帯等生活支援給付金担当)までお問合せ下さい。

丸亀市から市外へ転出された方

令和3年8月1日(基準日)において丸亀市の住民票に記載されており、かつ、令和3年5月1日から継続して丸亀市の住民票に記載されている方は給付の対象者です。
※この要件が満たされていなければ、給付対象とはなりません。

お問い合わせ先
 0877-22-5705
 丸亀市低所得世帯等生活支援給付金担当 

 受付時間 月~金曜日(祝日等は除く) 9:00~17:00

Q&A


給付金はいつ振り込まれますか?
申請を受け付けて、審査の後、順次振込を開始する予定です。市の振り込みは、原則、毎週金曜日を予定していますので、通帳にてご確認ください。
只今、申請が殺到しておりますので、振込にはおおむね1か月程かかります。
緊急小口資金の特例貸付の住所変更をしていませんでしたが、どうすればいいですか?
住所変更されている場合は、緊急小口資金の特例貸付の手続きを行った市区町村の社会福祉協議会の生活福祉資金担当窓口への届出が必要です。生活福祉資金担当窓口へ「氏名・住所等変更届」および「新しい住所地での住民票(世帯全員分)」をご提出ください。


<「氏名・住所等変更届」の送付先>
〒763-0034 香川県丸亀市大手町二丁目1番7号
丸亀市社会福祉協議会 生活福祉資金担当 宛


ネット銀行のため、添付書類の通帳(写)又はキャッシュカード(写)が準備できません。
丸亀市低所得世帯等生活支援給付金担当へ電話連絡し、振込する金融機関、口座情報等が確認できる写真を下記メールアドレスへお送りください。
<メールアドレス>asutanet@marugame-shakyo.or.jp

QRコードからもメールできます。
↓↓↓